管理画面
new« 2017.10 »old
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
♪ドナドナ ドーナー ボーナーー
<< prev(new)
半同棲状態?
next(old) >>
|- 日々の雑談  |  Comment(0)  |  TB(0)|
2011.04.22(Fri) 20:24

薬 増強。

これは、元は 旧blog『へろへろ日記』の記事です。
2014.4.23 にリンク先などを修正・整理し、全体公開記事として再掲しました。

→ 旧記事既読の方は、記事再掲時の追記 へどうぞ


月例腹痛weekの貧血(※1)と下痢も重なって、もう何が何やらなので
昨日、実家に支援要請 orz

有難いことに即日すっ飛んで来てくれて、今日、早速病院へ行くことが出来ました。


今朝、私は動けないので
まず母が病院へひとっ走りして主治医に状況を説明してガッツリ強い薬(※2)を貰ってきてくれて、
おーよしよしこれで助かった…と思いきや

その際に主治医に
「これを使えばとりあえずすぐ元気になるはずだから
 午後にでも出来れば本人を連れて来て検査を」

と言われたそうで

えー、動きたくないー...(ぉぃ)


貰って来た薬を すぐに使用し、痛みがかなり落ち着いたところで、
午後に今度は私も病院へ連れてってもらい、
血液検査・レントゲンの後、主治医と相談の結果

もともと年末~年明け頃から、これまでずっと快調だった月1回の点滴「アクテムラ」の効きがイマイチになってきつつあったということもあり
このままアクテムラを継続して効くのを待つのではなく
来月から新しい点滴「オレンシア」(これも基本は月1回)に替えることになりました。

今日お願いしてすぐに今日打てるものではなく 薬剤を取り寄せたり準備が必要らしいので、
本日は予備検査のみで、
アクテムラの予定だった予約をそのまま生かして、来月から開始予定。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

帰宅後家族と相談し、
明日まで、切り替えた飲み薬+座薬の効きの様子を見て
(とりあえず鎮痛の対処療法なので、1日2日の様子を見れば効くか解る)

・大丈夫そうなら、私が一人で居残り、両親は帰宅
・ダメそうなら、両親と一緒に私も実家へ

という話になりました。


薬のおかげで
全快とはいかないけれど、ひとまず結構落ち着いてます。
今夜からは痛みで眠れず何度も起きる夜にはならずに済みそう。

ご心配おかけしましたm(__)m


+-+ オマケの補足 +-+


※1:貧血
正確には、私は血は足りているので「貧血」ではありません。
むしろ赤血球は有り余り気味(毎月の血液検査では、基準値上限に近い値~時々微妙に超えるほど)

でも、時折「いわゆる貧血みたいな症状」になります。
立っていると血の気が引いて気持ち悪くなったり、顔色が青くなったり

そういう状態の時にキチンと計測したことが無いので想像でしかありませんが、
多分、急に血圧が低下してる状態…なのかな?と

しかし、具合悪い時に いちいち そう細かく説明するのも面倒なので
そういう状態になった時は、傍に居る人には「貧血きたー」と言わせていただいております^^;



※2:薬
一般の方には「なんのこっちゃ?」でしょうが
検索等でたどり着いた同じ病気の方の参考になるかもしれないので
処方のビフォー・アフターを 一応 痛みに関係するものだけ具体的に書いておきます。
わざわざ言わなくても大丈夫だとは思いますが…
私が「効かない」と書いてるからって、同じ薬を処方されてガッカリしたり、「これ効かないんでしょ?!」と主治医に食ってかかったり等は、決してなさらないでくださいね。
個人差や相性もありますし、それぞれの先生が深い考えで処方なさってることでしょう。
当blogに限らず(そして同病の方に限らず)、個人サイトの情報だけを鵜呑みにして勝手な自己判断をせず、主治医に従ってキチンと実際に試して、やっぱり効かなかった・合わなかったら、その上で「変えて」と言いましょう


興味無い方は以下スルーで


【今まで飲んでた分 (調子良い時)】

プレドニゾロン錠 1mg
ステロイド剤。
ごく微量で、主治医曰く「飲んでも飲まなくても誤差の範囲」なのだそうですが、コレを切ると悪化するので止められずにいた名残の1mg


セレコックス
鎮痛剤。痛む時のみ 朝・晩1錠ずつ 痛みが酷ければ2錠ずつ
…と言われて素直にそのように飲んでいたけれど、効いたと実感したことはハッキリ言ってナイですw;
胃に優しい代わりに効き目が弱いのだそうです


アナバン サポ25mg
鎮痛座薬。痛む時のみ 1日2回まで。痛みがひどい時には倍量(一度に2個)まで使用可
…これは、普段はまぁまぁ効いていましたが、このたびのヤク切れ悪化時にはイマイチでした


他に、
・プログラフ(免疫抑制系カプセルとでも言えば良いのかな…)
・ボナロン(骨粗鬆症の薬。旧HN決める時に目の前に在った薬です/笑)
・カルシウム剤(骨の弱る病気なので)
・ビタミンD剤(カルシウム吸収補助)
飲んでますが、今回の騒動にはあまり関係無し
(一番始めのが、関係なくはないけれど今回はいじらず)



【今朝から変更した分 (調子悪い時)】

プレドニン 5mg錠 : 朝晩1錠ずつ(1日10mg)
微妙に名前違いますが、上述「プレドニゾロン」の量が増えただけと考えて下さい。

この薬、「治療」にはならないけれど(飲み続けても病気そのものは良くならない)、対処療法(とりあえずの症状の緩和)としては素晴らしく良く効く、ある意味 魔法のお薬。
しかし
増やす時は一気にいって良いのですが (にしても、ずいぶん一気に増えたなー^^;)
長期使用すると骨が弱るため、骨が弱る病気なリウマチに あまり大量に長期使用するのはちょっと危険と主治医は言います。

かといって、調子良くなったからと急に減量すると
減量時に副作用が出やすい薬で (勿論個人差はアリ)

以前やっぱり調子悪くてドカンと増量した後の減量時に、
普通の人は2.5mg単位(今回処方の錠剤を半分に割る)で調整すれば十分らしいのですが、
私にはその単位では急過ぎて、
減らした途端 ありえない高熱が出て毎朝ガクブルしたり大変な目に遭ったので
普段 主治医はあまり使わないという 1mg錠で
少しずつ、本当に少しずつ慎重に調整してもらっていました。
(その名残で、残り1錠をずっと飲んでた)

っつうことで、
落ち着いた後、また1mgまで減らす道のりが長そうだぁ^^;

でも増やせば やっぱり とりあえず劇的に楽にはなる。
だからまずは素直に飲みます。


ロキソニン 60mg錠 : 毎食後
鎮痛剤。
セレコックスの代わりにコレになりました。
強力鎮痛剤と言えばロキソニンか、ボルタレンか…というのがそのスジ(←ヤクザじゃないんだから…w)では有名なお薬。
ロキソニンの方は、近頃、処方箋無しで そこらの薬局などで市販されることになったことでも、一部の人には有名。

ただし、市販の物がどうかは買ったこと無くて わかりませんが(市販のは弱めてあるのかなぁ?)
病院から処方されるものはかなーりキツイので、胃薬と併用が基本です。


セルベックスカプセル
胃薬。
前述の「ロキソニン」の為に併用する胃薬として処方に追加されました。
以前飲んでいた時に効果を実感したことは特にありませんが、胃が荒れたことも無いのできっと効いているのでしょう。
(私の胃が異常に頑丈という説も一部にある…)

とりあえず、呑気な患者(私)としては 効き目よりも
前述の「セレコックス」(鎮痛薬)と、この「セルベックス」(胃薬)、
名前がややこしくて面倒!!><w
…よく言い間違えてます^^;


タケプロン : 寝る前
胃薬(胃潰瘍の薬として使用することが多いらしい?)
ロキソニンをしばらくの間、朝・昼・晩に休みなく飲み続けることになるので、セルベックスだけでは心配…と用心で更に追加で胃の薬。
これは私は初めて服用します


ボルタレン サポ50mg : 痛い時。1日2個まで
鎮痛座薬。
名前は違いますが、上述「アナバン サポ」が倍量になっただけのものと考えて下さい。
上述の通り これもそのスジ(笑)では有名な強力鎮痛剤
(坐剤だけでなく飲み薬もありますが、今回の私のは坐剤の方)

効力もさることながら、こちらの方が アナバンより 曲がった弱い手でも包装が開けやすいので 私は好きw

良く効くのですが
使用して十数分後に、無性に便意をもよおす(でも、したら せっかくの薬も一緒に出てっちゃう) のが、
この薬の私にとって最大の難点w;


いやー、増えたなー。
強くなったなー。
「これでもダメなら、あとは入院してモルヒネか?!」ってレベルだ、多分。

これだけ飲んで挿せば、さすがに激痛も落ち着くってもんですわな^^;




◇◆ おまけ ◆◇~ 記事再掲時の追記 ~
その1:
その後かなり経っているので、その間にすっかり落ち着き 2014.4月現在 常用する薬はかなり減っています。
特に ここしばらくは、かなり快調なレベルで落ち着いております。
ご心配なく^^


その2:
途中薬に関する注意書きが妙に長くてスミマセン。

自己判断せずに主治医を信じて・実際に自分で試して…というのは、
同病の方へ無てた注意書きと言うよりは、
実は
元オット(鬱病でした)や、身近の心療系を患って治療を受けてらっしゃる方を見ていて強く思ったことなんです。

当然ながら個人差がありますし、「○○を患ってる人ってみんなこうよね!」と決めつけるつもりは全くありません。
が、私が現実やネットで交流出来た範囲内の そういう方たちは、
自分が処方された薬・処方されそうな薬についてすごい勢いで調べていて、「私にはこれが合いそうなのに」とか「これを出された、あの医者合わん」とか「こんなの出されても私は飲まない」とか...
専門家でもないのに自己判断で文句をつけたりする率が とても高かったので
…そんな姿を傍で見ていて心配になってしまうのです。

同じ病気の人がどんな薬を飲んでいるか、同じ薬を飲んだ人がどんな感想を持っているか・どんな経過だったか、気になる気持ちは分からなくもないのですが、
実際のところ、結局それは各個人によって違うと思います。

あまり調べ過ぎて頭でっかちになってしまわれないように、そして収集した情報を過信して勝手な自己判断をなされませんように、
15年以上の通院を続ける病人の端くれとして、そして短期間とはいえ病人の家族として暮らした身として、切にお願いいたします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ    
     ↑ ポチッと応援 ↑ お願いします!m(_ _)m
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
同カテゴリの記事
2011.04.22(Fri) 20:24  |  - 日々の雑談  |  Comment(0)  |  TB(0) 
存在しない記事です。
(予約投稿記事のため まだ表示出来ない という場合もあります)
♪ドナドナ ドーナー ボーナーー
<< prev(new)
半同棲状態?
next(old) >>
+--- コメント ---+

コメントの投稿

※管理人の承認後に表示されます (即時反映はされません)
※欄は入力必須です
(※)
(←出来るだけ入力していただけると助かります)
(※)

 (公開は自己責任で)
(※)
 
 ← 内容を秘密にする場合はチェック
初めて投稿される方は、お手数ですが 「このBlogについて」内の該当項目をご一読ください m(_ _)m

Trackback

一般:http://bonadiary.blog.fc2.com/tb.php/2597-efe91de5
FC2ブログユーザ:この記事にトラックバックする

Arcive


↑見たい年をクリックすると展開します

Search

(チェック無だとand検索です)

Trackback

QRコード

QR

RSS


 

Twitter

About me

ボナ

Author:ボナ
自分の欠点は棚に上げ、上から目線で毒を吐いてばかりいるover40のバツイチ(子無し)。そんな奴だから友達は少ない(笑)。
20代前半からリウマチ持ちだたりする。
※リウマチに関する話は ほとんどしません。病気についての詳細な情報が欲しい方はどうぞ他をお探しください

「初めまして」な方は、お手数ですが「このBlogについて」をご一読ください m(_ _)m

ブロとも

交流のある人のみお受けしています。
申請をする前に、当blogの「ブロともについて」をご一読下さいm(_ _)m

Mail

ボナ宛のメールはこちらからどうぞ。
* の付いている欄は入力必須項目です。

※宣伝お断り※
出来るだけお返事を返すようにいたしますが、 都合により、記事へのコメントなどで返信する場合や、返信が出来ない場合もあることをご了承下さい。

Blog村ranking 参加中

[ ブログ村 Ranking ]

BlogRanking参加中

記事 ranking

応援お願いします☆

更新の励みになります。
  にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ
 ↑ ↑ ↑
ポチッと応援お願いします!m(_ _)m

ブログサークル

copyright ©2017 ぼな日記 all rights reserved. (since 2008)