管理画面
new« 2017.07 »old
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
電子レンジが使えないと、非常に困る。
<< prev(new)
「Nexus」ブランド終了へ
next(old) >>
また、話題が飛び飛びだったので
10/8のツイートまとめ記事を分割しました。

その2
(かなり脱線してます&長文です)

死んだ時に家族に見られたくないものがある - 司法書士のつぶやき https://t.co/NNuBwsjxEV 

これは素敵。
リアル知人・家族に見せなくない各種データの消去をお願いしたい…

でも私には高い(笑)

10-08 06:20


ツイート内のリンク、
私が目を止めた記事ではなく、実際にそれを行っている司法書士さんのページに飛んでしまうので、
貼り直しておきます。

墓場まで持ってけ、黒歴史! 司法書士がオタクの死後、同人グッズやPCデータを処分してくれるサービスを開始
(ねとらぼ 16.10.7)

事前に契約しておくと
溜めこんだグッズや、HDDデータ、SNSアカウント(希望があれば最後の挨拶投稿なども) の処理
を行ってもらえるみたいです。

私からすると、
・費用がお高め

・事前に このような契約をしているということ自体は家族に伝えておかないといけない
という部分がネックですね。

各種手続きやデータ保管時の手間(守秘手数料とでもいうか…)を思えば、そうぼったくりな価格ではないとは思うんですが、
少なくとも今の私には手が出せる価格ではありません (;^_^A

それに、結局はある程度は家族にカミングアウトしておかないといけないということで。
けっこう難しいよなぁ。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

でも、
自分の死後のデータ処理って、私が以前から悩んでいることなんですよ。


私には子どもも配偶者も居ないので、
不慮の事故や病気の場合などは両親が色々取り仕切ることになりますが、

私、母と微妙に仲が悪いので、
特に母に色々いじられることになるのがすごく嫌です。

色々と奥の奥まで漁り倒して、覗き見られるものは全部しっかり見て、
あんな子だった、こんな子だった、と
「間違ったこと」を「自分が見聞きした事実」として吹聴しそうな人なので。
祖母が他界した際にも、
「本当に祖母はそんなつもりだったのかな?」と疑問に思うことを勝手な解釈で吹聴したり、
「それは漁らずに廃棄して欲しかったんじゃないかな?」というもの(日記や手紙など)を、ずっと手元に置いて熟読していたり
という具合でしたし。

日記等は、残された側としては確かに見つけてしまえば読みたいものかもしれませんが、
だからって読まれるつもりで書いていた・保存していたのではないものを、読まれるはずじゃなかった人が勝手に熟読するのはいかがなものか
と、私は思うので、
子ども心にも「それってどうなの…」と、当時私はちょっと冷ややかな目で見てました。


基本的に、思考タイプが母と私ではかなり違うのです。
ま、このblogから分かる通り、
私は、色々と 捻くれたり 変わってたり、世間から見ると少数派な思考をすることが多い人間ですしね (;^_^A

だから、心情・信念的なことに関しては普通に会話をするだけでは真っ直ぐ伝わらず、
母は「ボナはこう考える」「ボナはこういう子」と明後日な方向にねじ曲がった解釈をして勝手に思い込んでは、頓珍漢・的外れな "私の心境・考え" を「ウチの子、こうなのよ」と自分の知人に触れ回る傾向があって。

それも、よりにもよって
「そういう解釈だけはして欲しくない」
「そういう考えは私が一番嫌うところだ」
という方向へと捻じ曲がることも多いので、聞く度にウンザリします。

何度訂正しても、
その場では分かってくれたように見えるのに、しばらく会わない間にまた元に戻ってることも多く
近年はいい加減面倒になって、アー、ハイハイ とスルーしてますが、
当人が他の人達に訂正することが出来なくなってからも あの調子で したり顔で色々と語られるのかと思うとゾッとする…。


父の方は、個人としてはそうでもない(ねじ曲げずにそのまま受け止めてくれる)のですが、
母が先に言い出すと「うむ、かーさんの言う通りかな」と母に同意して好きにさせてしまう傾向があるので、結局は2人セットです。


常にいがみ合って喧嘩している訳ではないし、
表面的には仲良く過ごしてますけれども、
こういう意味では
私は両親に心は許していなくて、ちょっと距離のある関係です。


そんな具合で、ある意味「信用出来ない相手」なので
金銭的な物や、
個人データの含まれない、ただの「モノ」は良くても、
「個人データ」的なものは任せたくない・・・。


でも、何の対策もせずにおくと、
両親が健在なうちはどうしたって彼らの手に委ねられ彼らの好きなようにされてしまいますよね。

これは何とかしておかないといけないな、と。

 +-+-+-+-+

そもそも、
普通に友人・知人に死亡連絡をしてもらうだけでも

両親健在の場合は、
あらかじめ 「この人と この人に」…と彼らに伝えておかなくてはいけないでしょうけれど、
もしやるとしたら、
「この人はどういう関係で、こっちの人はこういう関係で...」というところまで根掘り葉掘り聞かれまくって細かく説明しないといけなくなるよな、と思うと…うーん。

そこまで人間関係把握されておきたくない…

いろいろ面倒くさいことになるのが目に見えているので、彼氏がいることも話してないしなぁ。

事前準備しておきたかったら、まずはそこをカミングアウトしておかないといけないのかと考えると
ウンザリしてしまって
そこで思考ストップしちゃうんですよね (´△`;)


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「データの処分を依頼できる人物か」という意味では
彼氏や友人の方が 両親よりも遥かにマシなのですけれど、
それでも
積極的に依頼したいというよりは、出来れば見せたくはないという気持ちのほうが大きいですし、

そこは諦める or 相手の人柄を信用して 託すにしても、
自分の死後なら構わないんですが、
健在なうちから 各種パスワードを教えておくほどの間柄じゃない

…というか、普通にそれはマズいですよね?

かといって、死後にどうやって彼らにそれを伝えるのかと思うと…

どこかにコッソリメモって保管しておくにしても、私、パスワードはけっこうコロコロ替えるしなぁ。
そのたびにメモを間違いなく更新しておけるか、自信無い。。。


PCやHDDは、Pass無しでも
初期化してしまって再利用してもらうとか、物理的に破壊して処分してもらうとか出来ますが、
その他のネット上のあれこれが何ともならないなぁ…

 +-+-+-+-+

それに、両親が先立ってた場合は
何も備えがないと、
書類上は天涯孤独に近い身なので
一応、血縁者として 今のところは叔父・伯父・従兄姉が居るには居ますが、全員私よりかなり年上。
順当に年齢順だとしたら最後は私一人です

誰にも連絡がいかず、全てが未処理の放置状態になるわけで。

私の死を誰が発見することになるのかわかりませんが、
友人・恋人の有無なんて簡単には調べられないし...
「書類上」天涯孤独の身の場合、どう処理されるんでしょうね?
根気よく調査…するのかなぁ?しなさそう。

私自身に関することは、死亡してしまっていれば どうしてくれても良いけど、
私に関わる人の人達の個人データ(アドレス帳)が、きちんと適切な処理をされるのか...と想像すると、不安です。

予め信用出来る人に託しておかないと、
プライバシーも何もあったものではなくテキトーな扱いされそう。

やっぱり何かしらの備えは必要だわ。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

…などと、頭で考えてグルグルするばかりで、
これまでは何一つ備えることをしていなかったのですが

この記事を見たのを機に、
せめて出来ることだけでも整理しておこうと

具体的に、自分に万一のことがあった時
・誰に連絡を入れてもらうか
・連絡を受けた人に何をお願いするか
を、まとめ始めました。


一通り考えがまとまったら、
友人と彼には、事前に
「私はこう考えているのでいざという時はどうぞよろしくお願いします」
と伝えておこうかな。





+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ずいぶん脱線して長くなってしまいました。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます m(_'_)m

あなたは、「自分の死後」について、何か備えてありますか?
    にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ    
     ↑ ポチッと応援 ↑ お願いします!m(_ _)m
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
同カテゴリの記事
2016.10.09(Sun) 07:00  |  - 私ってこんなヤツ  |  Comment(0)  |  TB(0) 
存在しない記事です。
(予約投稿記事のため まだ表示出来ない という場合もあります)
電子レンジが使えないと、非常に困る。
<< prev(new)
「Nexus」ブランド終了へ
next(old) >>
+--- コメント ---+

コメントの投稿

※管理人の承認後に表示されます (即時反映はされません)
※欄は入力必須です
(※)
(←出来るだけ入力していただけると助かります)
(※)

 (公開は自己責任で)
(※)
 
 ← 内容を秘密にする場合はチェック
初めて投稿される方は、お手数ですが 「このBlogについて」内の該当項目をご一読ください m(_ _)m

Trackback

一般:http://bonadiary.blog.fc2.com/tb.php/4590-b494a53e
FC2ブログユーザ:この記事にトラックバックする

Arcive


↑見たい年をクリックすると展開します

Search

(チェック無だとand検索です)

Trackback

QRコード

QR

RSS


 

Twitter

About me

ボナ

Author:ボナ
自分の欠点は棚に上げ、上から目線で毒を吐いてばかりいるover40のバツイチ(子無し)。そんな奴だから友達は少ない(笑)。
20代前半からリウマチ持ちだたりする。
※リウマチに関する話は ほとんどしません。病気についての詳細な情報が欲しい方はどうぞ他をお探しください

「初めまして」な方は、お手数ですが「このBlogについて」をご一読ください m(_ _)m

ブロとも

交流のある人のみお受けしています。
申請をする前に、当blogの「ブロともについて」をご一読下さいm(_ _)m

Mail

ボナ宛のメールはこちらからどうぞ。
* の付いている欄は入力必須項目です。

※宣伝お断り※
出来るだけお返事を返すようにいたしますが、 都合により、記事へのコメントなどで返信する場合や、返信が出来ない場合もあることをご了承下さい。

Blog村ranking 参加中

[ ブログ村 Ranking ]

BlogRanking参加中

記事 ranking

応援お願いします☆

更新の励みになります。
  にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ
 ↑ ↑ ↑
ポチッと応援お願いします!m(_ _)m

ブログサークル

copyright ©2017 ぼな日記 all rights reserved. (since 2008)