管理画面
new« 2017.05 »old
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
+「お一人様」でどこまでいけますか? (17.1.30 加筆)
<< prev(new)
ホウセキの樹
next(old) >>

いいこと言ってるなと感じて、よく見たら また千葉市長。…私、基本的にこの人の考え方好きなのかも。  

「女性なら社会問題になる事案」 “男性保育士に女児の着替えをさせない”は差別か、千葉市長が問題提起し議論広がる
https://t.co/D5Lzk2UlKb
01-28 00:01


先日とりあげたLGBTへの対応の件についてのお話も現千葉市長でしたよね。

男性保育士さんの件、私も、
世間には快くは思わない人もいるというのはわかるけれど、
だからさせない、という対応は違うと思うな。

+-+-+-+-+

mixiでは、
この件について、婦人科医と比べている人がいて、ちょっとなるほどなと思いました。

「男性医に診せるのは嫌」という人も少なからずいるのは確かで、その気持ちもわかるけれど、
そこで「男性医には内診はさせるな」という動きにはならずに、大半は受け入れられているし、
どーーーーしても嫌ったら嫌!
という人は、女医さんに診てもらえるところを探して行くわけで。


保育士と婦人科医では、現状の男女比が逆なのでそれ故という部分もあるとは思うけれども、
同じじゃないのかなぁ。

配信元の記事(ねとらぼ 2017.1.24)




*補足・追記*
いただいたコメントをきっかけに書きたいことがどんどん膨らんでしまって簡潔にまとめられなかったので、
以下に追記という形で投稿させていただきます m(_'_)m

これは、いただいたコメント内容を否定・批判する等の意図で書いたものではなく、
更に言うなら、
いただいたコメントに対しての個人的な返信というよりは、
その内容を受けて、「やっぱり私はこう感じる・こう思うんだよね」と元記事に追加で述べたものであり、むしろ、コメントへの返信としてとらえると話がズレていますので、
通りすがりにご覧になっている方は、この追記ありきで判断してコメント主さまの意見を誤解しないよう、どうかお願いいたします。


「犯罪を犯すかもしれない」という観点から「男性保育士」の着替えへの関与を否定するのはおかしいと思うんですよね。

いただいたコメントにあった
> 保育士さんを目指しているから、子どもに悪いことはしない、という前提はあり得ない
という点は確かにその通りで、
実際にそんな犯罪例があるのは否定しません。

けれども、「保育士」という職種の男性だけが飛びぬけて性犯罪率が高いわけではないと思うし
(これについてはソースは持っていませんので、もしも実際にそんな明白な統計データが出ているのであれば、この意見は引っ込めます)

更に言うなら
○○を目指している・その職に就いているから、対象に悪いことはしない
と言い切れる性別・職業
はあるだろうか、と。
(ついでに書き添えておくなら、女性保育士が幼児に性的いたずらをしている事例だって世の中にはありますよ?)

それぞれについて不安を抱く人はきっといるでしょうけれども、
だからって、じゃぁ、その可能性のある性別の人をその職から排除していったら、
最後には誰が残れるのか、と。

 +-+-+-+-+

そういう気持ちを抱く人がいるのは分かるので それを否定はしません。
それに対応した施設がある(=商売として成り立つほどニーズがある)のもわかります。

けれど、
それを受けて公営の施設でそういう対応にすることを行政が認めてしまうのは、行政による性差別ではないのかと。
これが もし男女逆にしての主張で、もしそれを市が受け入れたなら、それは大問題ですよね?

熊谷氏はこうも言っています
「“男性は性犯罪の確率が高いのだから差別ではない”という考えを適用すれば、所得や国籍を元として犯罪率の高い層がさまざまな業種から排除される」
突き詰めるとそういう話なのではないかなと。

そういった不安があり、危惧する人もいるのは分かるんです。
が、しかし
雇用側はそのような意見に安易に応じて、彼らを排除する方に動くのではなく、
「いや、彼らもプロとして働いているのです、信頼してください」
と言って欲しいっていうか。

その点、千葉市が「市立保育所は性別に関わらない保育を実施する」ことを明記したというのには、大きな意義があると思います。

 +-+-+-+-+

それだけではなく、羞恥の問題もあるのもわかりますし、
いずれは そのような問題の発生する現場での雇用が男女半々になって、
男児・男性への対応は男性が、女児・女性への対応は女性が行うのが当たり前に可能になったら良い
と言われる方もあるかもしれませんけれども、
それはそれでまた別の問題も発生してきますし、そう単純ではないだろうな。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

なんにせよ、
私の記事だけをご覧になると誤解も生じやすいと思うので(熊谷氏の意見と私の考えが完全一致しているわけではないと思うし)、
それを防ぐため発言者本人の主張へのリンク張っておきます。

現千葉市長 熊谷俊人さんの意見詳細
冒頭のコラム中からリンクされていた、この内容に該当する彼のFacebook記事
    にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ    
     ↑ ポチッと応援 ↑ お願いします!m(_ _)m
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
関連記事
2017.01.29(Sun) 04:15  |  - コラム・News  |  Comment(4)  |  TB(0) 
存在しない記事です。
(予約投稿記事のため まだ表示出来ない という場合もあります)
+「お一人様」でどこまでいけますか? (17.1.30 加筆)
<< prev(new)
ホウセキの樹
next(old) >>
+--- コメント ---+
羞恥なら差別かなぁ。
 すごく難しい問題だと思うのですよね。
 適性検査などを実施していても、犯罪を犯す警察官、教職員、消防官、自衛官などがいる中で、保育士さんを目指しているから、子どもに悪いことはしない、という前提はあり得ない。

 ただ、「子どもが恥ずかしがるから」っていう理由なら、着替えは自分で出来るように躾けろよって思うし。
 自分で着替えられない子に、異性に着替えを手伝ってもらうことが恥ずかしいという概念があるのかがわからないんですけど。

 個人的には、「危惧する気持ち」はわかります。

 でも、そうなっちゃったら、トイレだろうが着替えだろうが、人目のあるところでさせなければならない! ていうことになっちゃうし。
 もうそこは、「信頼関係」を築くしかないレベルの問題ですよね。

 男性だから、女性だから、じゃなくて、犯罪行為を起こさせないシステムが大事なんじゃないかなって思ったりもします。
 が、じゃあ、どうすればいいのさ? と言われると、「うーん?」となっちゃうんですよね^^;
2017.01.29(Sun) 13:06  |  URL  |  樟葉  [ 削除]
* 樟葉 さま *
なるほど。

> もうそこは、「信頼関係」を築くしかないレベルの問題ですよね
それなんですよねー。
なぜ「男性保育士」だけ (だけじゃないですけれども) 、その点をプロとして信頼してもらえないのかと。

危惧する人もいるのは分かるんですが、
雇用側はそこに安易に応じて排除する方に動くのではなく、
「いや、彼らもプロとして働いているのです、信頼してください」と言って欲しいっていうか。

…他にもいろいろ書こうとしたら、コメントの返信としては長くなり過ぎた&いただいたコメントの主旨とはずれてしまった部分もあるので、
記事本文の方に追記として書きました m(_ _)m
2017.01.29(Sun) 18:53  |  URL  |  ボナ  [ 削除]
そうなんですよねー。
 補足、追記、拝読いたしました~。

 そうなんですよね。
 元々記事に書いておられた、「産婦人科医」は、じゃあいいのか。
 お医者さんはいいのか。

 それは、こちらが「信用」をしているから、(他に選択肢がないからという場合もあるかもしれませんけど)なんですよね。

 そう思うと、「男性保育士」だけがターゲットになる理由がわからない。

 結局、「信頼して下さい!」と雇用主(事業主)が言えないのは、危機管理というか、保育士さんたちとのコミュニケーションとかが足りてないからなのか? とか。
 単純に「男性だから」「女性だから」ではない問題があると思うんですよね。

 >安易に遠ざける

 という風潮があることが問題で、だからこそ、熊谷市長の意見が、「そうだよね」と思わされるのかもしれません。
2017.01.31(Tue) 02:47  |  URL  |  樟葉  [ 削除]
* 樟葉 さま *
ありがとうございます。
コメントいただいた後で沢山書き足してしまってすみません^^;

そうですね。
安易に遠ざけるという風潮があることが問題、そこもポイントかもしれません。

少し話がそれちゃいますけれど、
最近の世の中って、
「こんなクレームがあったからこれはやめておこう」「こんな苦情が来るからこれは自粛しておこう」
…てな具合に 安易に、あれからも逃げて、そこからも逃げて、
結果 どんどん窮屈になっている気がします。
2017.01.31(Tue) 17:26  |  URL  |  ボナ  [ 削除]

コメントの投稿

※管理人の承認後に表示されます (即時反映はされません)
※欄は入力必須です
(※)
(←出来るだけ入力していただけると助かります)
(※)

 (公開は自己責任で)
(※)
 
 ← 内容を秘密にする場合はチェック
初めて投稿される方は、お手数ですが 「このBlogについて」内の該当項目をご一読ください m(_ _)m

Trackback

一般:http://bonadiary.blog.fc2.com/tb.php/4700-82c9c6b1
FC2ブログユーザ:この記事にトラックバックする

Arcive


↑見たい年をクリックすると展開します

Search

(チェック無だとand検索です)

Trackback

QRコード

QR

RSS


 

Twitter

About me

ボナ

Author:ボナ
自分の欠点は棚に上げ、上から目線で毒を吐いてばかりいるover40のバツイチ(子無し)。そんな奴だから友達は少ない(笑)。
20代前半からリウマチ持ちだたりする。
※リウマチに関する話は ほとんどしません。病気についての詳細な情報が欲しい方はどうぞ他をお探しください

「初めまして」な方は、お手数ですが「このBlogについて」をご一読ください m(_ _)m

ブロとも

交流のある人のみお受けしています。
申請をする前に、当blogの「ブロともについて」をご一読下さいm(_ _)m

Mail

ボナ宛のメールはこちらからどうぞ。
* の付いている欄は入力必須項目です。

※宣伝お断り※
出来るだけお返事を返すようにいたしますが、 都合により、記事へのコメントなどで返信する場合や、返信が出来ない場合もあることをご了承下さい。

Blog村ranking 参加中

[ ブログ村 Ranking ]

BlogRanking参加中

記事 ranking

応援お願いします☆

更新の励みになります。
  にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ
 ↑ ↑ ↑
ポチッと応援お願いします!m(_ _)m

ブログサークル

copyright ©2017 ぼな日記 all rights reserved. (since 2008)