管理画面
new« 2017.10 »old
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
シャットダウンと再起動の違い
<< prev(new)
会計時はイヤホン外すべき
next(old) >>
|- 使ってみた  |  Comment(0)  |  TB(0)|
2017.04.10(Mon) 10:00

TrueCrypt

※これは予約投稿された記事です (2017.3.28)

随分前に更新が止まっているので「今更?」と言われそうですが
外出時に持ち歩くUSBメモリのロックに「TrueCrypt」を使い始めてみました。
※本家サイトは英語なので、日本語での紹介サイトにリンク貼りました m(_'_)m


これまでは「Folder Protector」を使用してたんですが、
これだと、複数のUSBメモリを同時に一時解除 が出来ないのが少々不便で。

「Folder Protector」は「Temporary」での解除が一番便利なのに(と私は感じていた)
USBメモリ-A と USBメモリ-B の2つを これを使用してロックしている場合には、
両方を同時にTemporary解除して必要なデータをAからBへ移す
…なんていう使い方が出来ないんです。

それにプロテクト強度はそれほど高くないらしい
(高くも出来るけれど、32~64GBのUSBメモリを丸ごとロックして使いたい場合、レベルを上げると ロックにも解除にも数十分~数時間かかるので実用的じゃない)


とのことで、色々探した結果
年始に一度「TrueCrypt」にたどり着いたんですが、

日本語化出来るってあちこちの解説サイトに書いてあるのに、
言われた通りにやっても日本語にならないし

USBメモリ内に保護コンテナを作成しようとすると
「4GBまでのコンテナしか作れねーよ」と言われてしまって。

32~64GBのフラッシュメモリを4GBずつに細分化して、
あのデータはこのコンテナ、これに関するデータはそのコンテナ
という具合に使う…ってこと?
この大雑把な私にンなこと出来るわけがない。
各ファイルをいちいち別で解除して使うなんて考えただけでメンドクセー! (ノ`△´)ノ ┫
と、いうことで1回は利用を諦めていたんです。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

が、やっぱり検索してみると 大容量のUSBメモリを丸ごと保護して使っている人もいるんですよね。
一体どうやるのだ??

...と、改めて調べなおしたところ、

まず日本語化の件は、
解説サイトで誘導された先のパッチが古いバージョン用のもので、本体のバージョンと噛み合っていなかったせいと判明 (;´▽`A``
正しい組み合わせのパッチを当てたらスルッと日本語化出来ました。


そして、
現在利用中のUSBメモリや、空のUSBメモリに、そのままコンテナを作ろうとすると 4GBまでだよーんと言われるのは、
USBメモリそのものが FAT32 形式でフォーマットされているせいだと理解。

このアプリを使おうとしているUSBメモリを NTFS でフォーマットしなおしたら、容量いっぱいのコンテナが簡単に作成出来ました。

なんだ、そういうことだったのか。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

その辺を乗り越えてしまえば、
複数のUSBメモリの中身を同時に マウント(一時解除状態のようなもの)出来るので、
USBメモリ間でのデータの移行がしたい場合も問題なし。

すばらしー。


出先では無理だけれど、自宅では
PCにTrueCryptを常駐させて、
各USBメモリのドライブレターを固定し、
それをTrueCryptの「お気に入り」に登録して「接続されたら自動マウント」としておけば…

該当USBメモリを挿すだけで、パスワード入力がポップアップ。

いちいち、
アプリ起動して、ファイル指定して…って作業をやらなくていいので便利~。
※私の場合は、外出先での紛失を心配してのロックなので、
自宅内での管理は多少ザルで構わないからこうしていますけれども、
(PCを起動出来ているという時点で、中身のバックアップは簡単に見られてしまいますし)

本格的にきちんと保護したい人は「お気に入り」「自動マウント」機能は使わない方が良いかと思われます。
自動にしておくと、まず 何を使って保護してるのか というところが簡単にバレる訳ですし。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

保護強度については
私の使い方の場合…ビミョー?

出先(バイト先PCなど)でも利用したかったら、当のUSBメモリ内に「TrueCrypt」アプリ本体も一緒に入れておかないといけないわけで。

私のような素人レベルでは アプリの見た目や名前を偽装するにも限界があるので、
見る人が見れば「この人は何かをTrueCryptでロックをしている」ということ自体はまるわかり。

「TrueCrypt」アプリ本体を入れておくUSBメモリと、データを収納するUSBメモリを分けるって手もないではないですが、
私の場合は出先で借用するPCが常にUSB2本同時挿し出来る状況だとは限らないのでね…。
(使用するノートPCに、マウス・無線子機 etc が既に挿っていて、空きポートが一つしかない という状態の端末もある)

となると、
あとはパスワードを破られるかどうか という問題だけになってしまうので、
私にとっては「Folder Protector」と大差ないかも。
パスワードは分かんないけれど、力技じゃー!
というヤツが相手の場合は、一応こっちの方が強い…のかな?

USBメモリ内に保存したTrueCryptのフォルダを「Folder Protector」でロックすることで何を使用してのロックか隠す...という手も考えましたが
外出先のPCでは、
アプリのフォルダをまず解除→解除したアプリを使って暗号化したコンテナを複合
という二重ロック。

自宅では
USBメモリ内のアプリを解除しなくてもPCにインストールしてある方の「TrueCrypt」を使えるから、
複数のメモリを同時に使う場合も「Folder Protector」が競合して困ることはない(自宅ではそもそも解除しないため)し、手間は掛からない

という手があるかな?と

面倒だから、そこまではしなくてもいいや (;´▽`A``
(そこまで、やるべき?)

 +-+-+-+-+

それと、
データを保護は出来る(中身を見ることは難しい)けれど、保護したモノの存在そのものを隠すことは出来なくて、
コンテナ(保護データが詰まっている) そのものをポイッと削除...は 該当のUSBメモリの中を見た人なら誰でも出来てしまうので、
そこはちょっと怖いかなー?

でも、
中身のデータ見られて悪用されるよりは、知らずにポイ捨てされる方が格段にマシだし、
私の場合は ちょくちょく中身のバックアップはとっているから、削除されても壊滅的なダメージにはならないし、
まぁ、よかろう。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ソフトに脆弱性がある(作者自身がそれを指摘している)のは承知の上です。
簡単に見られないようプロテクトはしたいけれど、
そこまで必死で守らなければいけないほどの重要機密を持ち歩いているわけでもないので、このレベルで十分かなと。
(私は007や悪徳政治家などではないのです/笑)

一応、セキュリティ面の問題を解決した後継アプリと言われる「VeraCrypt」も試してみたんですが、
私の環境では恐ろしく重くて実用レベルじゃなかったので却下してこちらに落ち着きました。


ということで、今後はしばらくこれで行ってみます。
    にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ    
     ↑ ポチッと応援 ↑ お願いします!m(_ _)m
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
同カテゴリの記事
2017.04.10(Mon) 10:00  |  - 使ってみた  |  Comment(0)  |  TB(0) 
存在しない記事です。
(予約投稿記事のため まだ表示出来ない という場合もあります)
シャットダウンと再起動の違い
<< prev(new)
会計時はイヤホン外すべき
next(old) >>
+--- コメント ---+

コメントの投稿

※管理人の承認後に表示されます (即時反映はされません)
※欄は入力必須です
(※)
(←出来るだけ入力していただけると助かります)
(※)

 (公開は自己責任で)
(※)
 
 ← 内容を秘密にする場合はチェック
初めて投稿される方は、お手数ですが 「このBlogについて」内の該当項目をご一読ください m(_ _)m

Trackback

一般:http://bonadiary.blog.fc2.com/tb.php/4772-c1b5a10b
FC2ブログユーザ:この記事にトラックバックする

Arcive


↑見たい年をクリックすると展開します

Search

(チェック無だとand検索です)

Trackback

QRコード

QR

RSS


 

Twitter

About me

ボナ

Author:ボナ
自分の欠点は棚に上げ、上から目線で毒を吐いてばかりいるover40のバツイチ(子無し)。そんな奴だから友達は少ない(笑)。
20代前半からリウマチ持ちだたりする。
※リウマチに関する話は ほとんどしません。病気についての詳細な情報が欲しい方はどうぞ他をお探しください

「初めまして」な方は、お手数ですが「このBlogについて」をご一読ください m(_ _)m

ブロとも

交流のある人のみお受けしています。
申請をする前に、当blogの「ブロともについて」をご一読下さいm(_ _)m

Mail

ボナ宛のメールはこちらからどうぞ。
* の付いている欄は入力必須項目です。

※宣伝お断り※
出来るだけお返事を返すようにいたしますが、 都合により、記事へのコメントなどで返信する場合や、返信が出来ない場合もあることをご了承下さい。

Blog村ranking 参加中

[ ブログ村 Ranking ]

BlogRanking参加中

記事 ranking

応援お願いします☆

更新の励みになります。
  にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ
 ↑ ↑ ↑
ポチッと応援お願いします!m(_ _)m

ブログサークル

copyright ©2017 ぼな日記 all rights reserved. (since 2008)