管理画面
new« 2017.08 »old
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
トマトジュースでリゾット
<< prev(new)
褒められないと凹む人
next(old) >>
|- 日々の雑談  |  Comment(0)  |  TB(0)|
2017.08.11(Fri) 10:00

ダボハゼ

※これは予約投稿された記事です (2017.8.10)

むかーし、むかし

私が中学に通っていた頃。
学校に、授業に程よく雑談を交えるのが上手な、おじいちゃん先生がおりました。

ある日、
生徒たちにテストの各問についての解答・解説をしていたおじいちゃん先生は、
途中で突然、こんな話を始めました。
釣りをするやつはいるか?

(男子が数人だけ手を挙げる)

ふむ...君ら(釣リ経験のある子たちへ)、「ダボハゼ」って知ってる?
知らんかー。

(この辺からはみんなに向かって)
釣りに行くと、すーぐ食いついてくる魚がおるんだわ。
目の前になんかそれっぽいものが現れると、食べられるものなのか よく確かめもせずに、何でもかんでも ダボー って食いついてくるの。
その、おっちょこちょいな魚を「ダボハゼ」と呼ぶんだけどね...
何故 突然釣りの話になったのかとワケわかんなかったけれど、授業が脱線するのは嬉しいし(笑)、おじいちゃん先生の口調と表情やしぐさが面白いのもあって引き込まれるクラスの面々。
(文章では伝えにくいですが、「ダボー」って言う際の表情や声音がユーモラスで)

先生は、面白おかしくその魚についてひとしきり語った後
えーと、この選択問題で「ア」って答えた人~?
突然答え合わせに戻った ( ̄△ ̄;

そして、その問い合わせに心当たり在りそうな顔をした 数人のうち、
クラスのお調子者君に向かって
はい、君 ダボハゼー! d( ̄ー ̄

男子A「うえぇっ?!w Σ(’-’ノ)ノ

ひゃひゃひゃw
それっぽい言葉があるからってすぐ飛びつかないで、最後までちゃんと読まないとイカンよ~。

ア は 文末の○○ってところが違うだろー?
それに、イ・ウ…と見ていくと、ほら、エ にはハッキリ◇◇ってあるでしょ

男子A「あーっ! ほんとだーw」

よく見ずにすぐ飛びついちゃダーメ ( ̄m ̄

男子A「だぼーんっ!」(大口開けて食いつく、先ほどの先生の説明の真似)

クラス一同「ワハハハ」

おじいちゃん先生の語りが面白かったのと、
ネタに巻き込まれたA君が全然嫌がらずに「ヤラレターw」という反応を返して盛り上げてくれたおかげで、
どんよりしがちな答え合わせ授業が明るい空気になってきます。


そんな明るい雰囲気の中、
先生はまた 真面目モードに戻り、何問かの解説が進んだところで...

次の問題はー、イ

男子B「お?♪」(←×が付いてたけど合ってんじゃん、後で点数上がる~♪ と喜んだ)

…は違うからね?

男子B「ッ ( ̄ω ̄;)

はい、君もダボハゼー ( ̄m ̄

男子B「くそー、食いついちゃったーw」

こんな調子で、何度か笑い転げ、
そのクラスには
「引っ掛け問題にまんまと引っかかってしまった = ダボハゼ」
という認識が浸透しました。

ちなみに この先生、とても熱心 + まじめ + 丁寧な方で、

テスト後 最初の授業で必ず答案が返ってきたし、
他の先生は、採点作業が間に合わず、試験翌日など終了直後に授業がある場合は 「テスト返しは次回ね」ということもよくあったのですが、
おじいちゃん先生は「答案は、必ず最初の授業で返す」と宣言していました。

丸付けは、よくある一般的な スピード重視(?)の 速書きしたマル丸(速)ではなく、一つ一つの回答に綺麗な真ん丸丸
「やっつけ仕事でちゃっちゃかとチェックするのではなく、一つ一つ丁寧にチェックしているのだ」とご本人が最初のテストの時におっしゃっていました。
曰く「君たちが一生懸命頑張ったものだから、私も心を込めてチェックします」と。

採点間違い、ゼロ
確かに間違いが無いのが理想です。
しかし、ワタクシは第二次ベビーブーム世代。先生方は テスト終了後 数日間のうちに何百という(下手すると千超える)答案の丸付けをされていたのです。全て手動でコツコツと。すごく大変だったと思います。
そりゃ、そのうちの何カ所かは間違いますって。にんげんだもの

というわけで、
答案返却後、答え合わせをしてから「採点が間違ってるところがあった人は前に持ってきてー」と先生が声掛けすると、どの先生でも数人は前に出て行って訂正を求めるのが当たり前でした。(酷いと教卓の前にズラーッと列がw)

しかし、このおじいちゃん先生、毎回ミスゼロ。
さすが、ご自身から「丁寧にチェックしている」と宣言していただけのことはある。
毎回 最速のタイミングで返ってきて、あの丁寧さと正確性。すげー・・・

こんな先生なので、
上記の、採点間違いを見つけた(ような気に一瞬だけなった/笑)Bくんは、「レアもの発見!」みたいな気持ちもあったと思います


 +-+-+-+-+

おじいちゃん先生はそれ以降、通常授業でも この単語をちょこちょこ使うようになり、
生徒側も、ニパーッと笑った先生に
「はい、ダボハゼー♪ ( ̄m ̄
と言われると、
「引っかかったのは悔しいけれど、おじいちゃん先生に構ってもらえてちょっと楽しい」
みたいな反応を返すようになり、楽しく過ごしました。

 +

かなり笑い転げて楽しんだおかげで、強く印象に残り、
その後の試験中に、頭の片隅で「自分もダボハゼになっちゃいけない…」と思い出す効果があり、

なんと、最終的には、引っ掛け問題に食いつく人が減りました。

おじいちゃん先生、上手いな Σ@_@


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

因みに、
今回 記事にするために改めて「ダボハゼ」について検索してみたら、

一般的には、「ダボハゼ」とは
こんな明るい空気感で発せられる楽しい(?)「やーい引っかかったー♪」というニュアンスの言葉ではなく、結構辛辣な悪口みたいで…。

イマドキの学校でやったら「侮辱された!」と抗議する親が居そうだなぁ (´△`;)

当時のクラスには そういうマイナスな受け止め方をした子や、揉めている人もいなかったし、
(多分… / 少なくとも、露骨に嫌な顔をしてる子や、おじいちゃん先生を嫌っている子はいなかったように私には見えていました)

私としては、その後の試験(おじいちゃん先生の教科に限らず、何でも)で、引っ掛け問題に騙されにくくなったことに感謝しているし(それ以前よりは減った ってだけで、時には釣り上げられてたけどw)
ン十年も経った今でも「楽しい思い出」として あの先生の授業が記憶に残っているので、
良い先生に出会えて幸せだったな、と思っています。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

何故こんな思い出話を突然語りだしたかと言いますと。

初デートでサイゼリ」の、元ツイートへの的外れなコメントの数々を読んでいるうちに、

「よく読めば、背景にある前提条件とか十分見えてくるツイートなのに、ズレた反応ばっかり」

「"デート" と "サイゼリア" の単語しか見てないで食いついてる人ばっかり」

「…ん? なんか、こういうの例える言葉があったよな」

「あ、ダボハゼーッ!ww( ̄m ̄


あのコラムを機に、久しぶりに、かの先生の教えを思い出したのでありました。

 +-+-+-+-+

あの教えは、試験問題に限ったことじゃないんですよね。

ダボハゼになっちゃダメだなーと、
先生の授業を思いだしつつ、改めて心に留めるのでありました。


おしまい
    にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ    
     ↑ ポチッと応援 ↑ お願いします!m(_ _)m
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
同カテゴリの記事
2017.08.11(Fri) 10:00  |  - 日々の雑談  |  Comment(0)  |  TB(0) 
存在しない記事です。
(予約投稿記事のため まだ表示出来ない という場合もあります)
トマトジュースでリゾット
<< prev(new)
褒められないと凹む人
next(old) >>
+--- コメント ---+

コメントの投稿

※管理人の承認後に表示されます (即時反映はされません)
※欄は入力必須です
(※)
(←出来るだけ入力していただけると助かります)
(※)

 (公開は自己責任で)
(※)
 
 ← 内容を秘密にする場合はチェック
初めて投稿される方は、お手数ですが 「このBlogについて」内の該当項目をご一読ください m(_ _)m

Trackback

一般:http://bonadiary.blog.fc2.com/tb.php/4887-4607f73a
FC2ブログユーザ:この記事にトラックバックする

Arcive


↑見たい年をクリックすると展開します

Search

(チェック無だとand検索です)

Trackback

QRコード

QR

RSS


 

Twitter

About me

ボナ

Author:ボナ
自分の欠点は棚に上げ、上から目線で毒を吐いてばかりいるover40のバツイチ(子無し)。そんな奴だから友達は少ない(笑)。
20代前半からリウマチ持ちだたりする。
※リウマチに関する話は ほとんどしません。病気についての詳細な情報が欲しい方はどうぞ他をお探しください

「初めまして」な方は、お手数ですが「このBlogについて」をご一読ください m(_ _)m

ブロとも

交流のある人のみお受けしています。
申請をする前に、当blogの「ブロともについて」をご一読下さいm(_ _)m

Mail

ボナ宛のメールはこちらからどうぞ。
* の付いている欄は入力必須項目です。

※宣伝お断り※
出来るだけお返事を返すようにいたしますが、 都合により、記事へのコメントなどで返信する場合や、返信が出来ない場合もあることをご了承下さい。

Blog村ranking 参加中

[ ブログ村 Ranking ]

BlogRanking参加中

記事 ranking

応援お願いします☆

更新の励みになります。
  にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ
 ↑ ↑ ↑
ポチッと応援お願いします!m(_ _)m

ブログサークル

copyright ©2017 ぼな日記 all rights reserved. (since 2008)