管理画面
new« 2020.04 »old
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
「あれがしたい!」と言えるヒト
<< prev(new)
猫の爪切り
next(old) >>
2019.10.23(Wed) 10:00  |- コラム・News  |  Comment(2)  |  TB(0)|
※予約投稿された記事です (2019-10-16)
どうして男は言わないと分からないのか
https://ueno.link/2019/09/03/suwan_oh/
(ラブホの上野さんの相談室 2019-09-03)

そもそも私は 「察してちゃん」が嫌いではあるのですが、
「なぜこう違いが出るのだろう?」と女性寄りに感じることもあったので(一応女の端くれですからw)、
これを読んで「なるほどなー」と思いました。

女性社会においては「察する」ということが良しとされる傾向があると言えるでしょう。(一部略)
一方で男性社会においては「助けて」と言っていない人間は助けないという傾向があるでしょう。(一部略)
「お節介な人」という言葉を聞くと女性をイメージする方が多いと思うのですが、これもこのことが関係しているでしょう。
女性はこちらが頼まなくても人を助ける傾向が御座いますが、男性は頼まれなければ助けないのです。
男性社会において、人から助けられるということは明確な「借り」になります。
男性社会においては誰かに助けられた場合「ありがとう」というお礼を言うだけでは済みません。借りたからには何かしらの形で借りを返さなくてはならないのです。
つまり大して困っていないときに、相手から助けられることは男性に取って迷惑な側面もあると言わざるを得ません。

こう言われてみれば、男性側の気持ちもわかる!

と言うか、状況によっては、
実際そういう(借りを作りたくない/自力でこなしたい)空気を「察して」、
困っているのに気付いても、助けを求めてくるまでは手は出さずに見守ること、
女の私でも、ある。

なるほどな~


+-+-+-+-+

というわけで
何となく その気持ちは分かったけれど。

道に迷った時は人に聞いて良いと思うし、
夏は無理せず日傘を使ってもいいと思う。

多分 根底にあるものは同じなのだと思うのだけれど。
でも、やっぱりなぁ…
  にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ    
     ↑ ポチッと応援 ↑ お願いします!m(_ _)m
※初めてお越しの方は「このblogについて」をご一読ください。
同カテゴリの記事
2019.10.23(Wed) 10:00  |  - コラム・News  |  Comment(2)  |  TB(0) 
存在しない記事です。
(予約投稿記事のため まだ表示出来ない という場合もあります)
「あれがしたい!」と言えるヒト
<< prev(new)
猫の爪切り
next(old) >>
+--- コメント ---+
スワン君と王君にはなれません^^;
 ボナさんの記事を読んで、なるほどなぁ……と思って、元記事を読みに行ったのですが。

 感想が、「めんどくせぇなー」となった私は、最後に互いの国の言葉を習得してコミュニケーションを図る彼らのようにはなれないんだな……と、反省しました。

 でも、重そうにしている人を見たら、男女問わずに「手伝いますか?」って聞きますけどね。
 素直に、「ありがとーっ!」でいいじゃんよ……と。
 それは、私が重たそうにしてたら、助けてくれたら嬉しいのにな、と思う察してちゃんだからなのでしょうか……とか思ったり。

 ただ、相談者のように、「男性は何で察してくれないの?」とは思わないけどね……とか。

 そういえば、うちの父親も、他人に道を訊くのが嫌なのか、相当な時間迷って不機嫌になり、「はよ訊けや」ということで、同乗者の母と私が不機嫌になり……のループでしたね。
 私がコンビニで訊いてくるよっ! って言っても、「いいっ!」なんですよね~。

 そんなに男性は「貸し」「借り」にこだわりがあるのかぁ……ですね。
2019.10.23(Wed) 12:46  |  URL  |  樟葉  [ 削除]
* 樟葉さん *
私にはわかりませんが
そうやって「貸し」「借り」にこだわり、
「借り」を作らず生きていくのが、男のプライド・男の美学 ってやつなんですかねぇ?w;

あと、私も、
スワン君と王君のような状況で、既に通じる共通言語(この場合日本語)があるなら、
わざわざ更に相手の言語まで覚えようとはしないと思います。
それを出来る&(相手との理解を深めるために)しようと思えるような人だからこそ、それぞれのリーダー格となったのでしょうね。
優秀な方たちだなーと思います。
2019.10.23(Wed) 16:56  |  URL  |  ボナ  [ 削除]

コメントの投稿

※管理人の承認後に表示されます (即時反映はされません)
※欄は入力必須です
(※)
(←出来るだけ入力していただけると助かります)
(※)

 (公開は自己責任で)
(※)
 
 ← 内容を秘密にする場合はチェック
初めて投稿される方は、お手数ですが 「このBlogについて」内の該当項目をご一読ください m(_ _)m

Trackback

一般:https://bonadiary.blog.fc2.com/tb.php/6519-215be99c
FC2ブログユーザ:この記事にトラックバックする

Arcive


↑見たい年をクリックすると展開します

Search

(チェック無だとand検索です)

QRコード

QR

RSS


 

Twitter

当Blogで記事を投稿すると、更新通知がこのTwitterに流れます & Twitterで呟いたことは、翌日の早朝に当Blogへ自動まとめ記事としてupされます。

About me

ボナ

Author:ボナ
自分の欠点は棚に上げ、上から目線で毒を吐いてばかりいる40代バツ1オンナ(子無し)。そんな奴だから友達は少ない(笑)。
20代前半からリウマチ持ちだたりする。
※リウマチに関する話は ほとんどしません。病気についての詳細な情報が欲しい方はどうぞ他をお探しください

「初めまして」な方は、お手数ですが「このBlogについて」をご一読ください m(_ _)m

ブロとも

交流のある人のみお受けしています。
申請をする前に、当blogの「ブロともについて」をご一読下さいm(_ _)m

Mail

ボナ宛のメールはこちらからどうぞ。
* の付いている欄は入力必須項目です。

※宣伝お断り※

宣伝以外には出来るだけお返事を返すようにいたしますが、 都合により、記事へのコメントなどで返信する場合や、返信が出来ない場合もあることをご了承下さい。

BlogRanking参加中

記事 ranking

応援お願いします☆

更新の励みになります。

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ
 ↑ ↑ ↑
ポチッと応援お願いします!m(_ _)m
copyright ©2020 ぼな日記 all rights reserved. (since 2008)